1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
25、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード

44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  

45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
49.Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.55 往く年来る年

CliffroseLetter.Vol.64 秋から冬へのカナダの風物詩

  

 
またまた、駄文のお届けです。

朝夕はめっきり冷え込むころとなりました。内陸部ではすでに

雪の知らせも聞こえてきています。今年は冬将軍が少し早い目に

お出ましのご様子です。



さて、今回は秋から冬へのグレーターバンクーバーの風物詩です。

わがCliffrose亭は小高い山の中腹に位置します。私の部屋からは

遠くアメリカのボーダー超えにワシントン州に位置するMt.Bakerまで

見えます。その間にはフレイザー川があるので、冬、雨でない日は

ほとんどリバーホグがたなびくのが見えます。それが一枚目の写真

です。午前中は雲海の中にコキットラムの町が沈んでいます。山の上は

すばらしい晴天です。それを窓から眺めて神?になった気になるのも

冬の楽しみです。そのうち空気が温まって霧が山上まで巻き込み、

やがて消えていきます。下界も太陽の恩恵に浴せるようになります。


晩秋にはブルーベリーの畑は紅色に色づき、またバーナビーマウンテンの

桜は晴れやかな金色の絨毯を敷き詰めます。いずれ冬も深くなると毎日が

雨の日々。雪の日は少ないのです。すべての落葉樹の姿が震えて寒風に

さらされます。


近くにといっても車で20分はかかるのですが、私の好きなピットレイクが

あります。冬には冬の物語があって、落葉した林にイーグルが獲物を狙って

静まっているのを見ることもあります。ブラックベリーの蔓が絡まって

枯れかけています。広葉樹は錦の衣を脱ぎ捨て、来たる雪の日に備えて

震えています。 自然はすべての不自然をかき消してしまう、私の好きな季節。



さて、10月31日はハロウィーンでした。午後六時にもなると薄暗い中、

たくさんのお化けたちがやってきます。我が家も毎年、お菓子をたくさん

用意して待っていました。お化けの後ろには親の姿があります。我が家の

玄関は高い階段のうえなので、暗い中、足元が危ういような幼い子は親に

抱かれて登場です。



年末も近づくと、クリスマスのイルミネーション。冬が長い分、楽しみ方を

知っているのでしょう。こうして今年も暮れていきます。こうして12年、私の

カナダでの暮らしは続いてきました。そして続いていきます。健康でいられる

幸せをかみ締めて、初冬の、今日もまた駄文でした。

Cliffrose亭 亭主 柳谷Chieko拝
 

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
Love from Chieko Yanagitani in Greater Vancouver
E-mail cyanagitani@shaw.ca
msn cyanagitani@hotmail.com
URL  http://www.cyanagitani.com
URL   http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
Skype  yanagitani
mixi   cliffrose