ご無沙汰いたしております。日本は寒暖の差が、極端だと聞いていますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか。カナダはやっと春らしくなってまいりました。

さて、私のネット上でのハンドルネームはCliffroseでありますが、今日は夢と

うつつの狭間のCliffroseのたわごとを書いてみようと思います。mixiの日記の

一部です。

            """""""""""""""""""""""""""""""""""

Cliffroseは、本当は外に出るのが嫌い。家に閉じこもって、庭仕事をしたり、

木工をしたり、模様替えをしたり、縫い物をしたり、お料理をしている

のが一番心地よい。外食嫌いの内食ばかり。中でもパソコンのお守りが

一番大好き。



パソコンでは、mixiをしたり、ニュースを検索したり、料理のサイトを

探したり、一番大きいのは13年来の我がURLの確認と更新である。

その次がガーデニング。すでに今年のハンギングバスケットに土をいれ、

しだれベゴニアが売り出されるのを待っている。庭を花だらけにする

のは生きがいの一つでもある。

本当は一生このままでいたい、どこにも行かず、毎日パソコンの

お守りをしていたい。慣れた暖かいベッドで丸まって寝ていたい。

それがCliffroseの本音。


それに、飛行機が怖い、知らないところは不安、つらい思い出の

風化していない日本にも帰りたくない。


その私が、生まれ育って57年暮らした日本ではなく、今は異郷の地

カナダバンクーバーに住まいしているのである。何故か・・・。

 
そして、

フランスなんか、本当は行きたくないのである。フランスパンなんか

ラタトウユなんか、エスカルゴなんか、ホワグラなんか、フランス

ワインなんか飲みたくないのである。


なのに、Cliffroseは40代より、ずいぶんたくさんの国に出かけた。

フランスは今回で五度目。一周は二年前にも行ったので二度目である。

そして、今夜、ロンドン経由でパリに出発する。


アイスランドの火山が爆発して、欧州一帯に灰を撒き散らし、飛行機が

飛べなくなったとき、内心私はほっとしていた。お金も払った、荷物の

用意も万全である。でも行きたくない・・・。笑

しかし、信じてもいない神の計らいで、火山の噴火は二割程度となり、

いけることになってしまった。ああ・・・。


Cliffroseはジキルとハイドかも。出かけてしまえば楽しいのだが

出かけるまでは、出かけたくない。出かけたくなーーい。


暖かい使い慣れた私のベッド、毎日育つ野菜や花たち、裁ちかけの

布たち、描き掛けの絵、まだ作っていないプリントアウトした料理の

レシピ、馬鹿だけれど可愛い猫たち、本当は15日間も離れるなんていや。

帰ってこられないかも知れないし・・・・。ああ、行きたくない。


でも私は今夜発つのである。花の都パリへ、憧れの鷲巣村へ。

ふふふふふ、私はまた出かけるのである。引きこもりの性格を

押しのけて、私は発つ。

Cliffroseこと柳谷Chieko拝



 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
Love from Chieko Yanagitani in Greater Vancouver
E-mail cyanagitani@shaw.ca
msn cyanagitani@hotmail.com
URL  http://www.cyanagitani.com
URL   http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
Skype  yanagitani
mixi   cliffrose
 

1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
25、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード

44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  

45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
49.Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.55 往く年来る年

Cliffrose Letter Vol .68  Cliffroseはひきこもり