LETTER
ARTSTUDIO YOKOHAMA B&BCLIFFROSE QUESTS MYHOUSEINJAPAN

1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
25、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード

44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  

45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
49.Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
.59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60.Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61.CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62.CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.58 往く年来る年
68.Cliffrose Letter Vol.60 柚子の栽培とおからの話
69.Cliffrose Letter Vol.61 チビた鉛筆と蕗の薹 
70.Cliffrose Letter Vol.62カナダ産の新生姜 
71.CliffroseLetter.Vol.63 夫のいます山・Mt.Baker
72.CliffroseLetter.Vol.64 秋から冬へのカナダの風物詩
73. Cliffrose Letter vol. 65 年末のご挨拶 デフレ雑感
79.CliffroseLetter Vol 66. 今年得たもの無くしたもの  
80.CliffroseLetter Vol 67 日加サービス比較
81.Cliffrose Letter Vol .68  Cliffroseはひきこもり
出版のご挨拶
夫、柳谷晏秀が旅立って、一年になりました。

 「一年」と言う時間空間に、わたしは今までにない過酷な体験と 

味わったことのない感覚の嵐を経験いたしました。

そして、多くの友人の暖かい支えを感じることが出来ました。 

 甘いと言えば甘い人生でした。夫に庇護されて、自力では生

きていな い人生でした。

そう思えば、夫の旅立ちという過酷な事態も、わたしに対する

運命の、または夫からの報復のように思えてなりません。

それほどわたしは、うかうかと多くの時間をすり減らし続けて

いたのでした。 

 「一年」です。しかし、わたしにとっては、昨日なのです。

いや、まだ今日かもしれません。

まだ、わたしは夫の旅立ちを認めていないのです。許していな

いのです。夫の骨は確かに見ましたが、わたしは夫の死は認

めません。夫はわたしとともにあり、わたしともに嘆き、私とと

もに喜ぶ、わたしの肉にあるのです。

 と言いながら、わたしは辛さに耐えきれず、夫の思い出から

逃げるようにカナダに来てしまいました。カナダ・コキットラム

の家から、アメリカ・ワシントン州のマウント・ベーカーが富士

山のように見えます。

 この秋、その万年雪のある頂上の、小さな湖に彼の灰を撒

きました。わたしは、ワシントン州政府には内緒で、その十メ

ーターにも満たない小さな湖を「お父さんのうみ(湖)」と名つけ

ました。

 弁護士こけたら、猫までこけてしまいましたので、わたしは

今、窓から、夫のいます山を眺めながら、B&B(ベッドアンドブ

レックファスト・木賃宿  のようなもの)に泊まりいただいた方

々と、楽しい会話をしているのです。まるで夫がいたときと同じ

ように。

 遅くなりましたが、やっと本が出来上がりました。何しろカナ

ダにおりましたので、十分校正もならず、お恥ずかしいかぎり

です。その点はお許し頂いて、夫の瑞々しい感性を本にとど

めておけたことを、わたしは今、感謝しています。ありがとうご

ざいました。 

              柳谷 千恵子
CliffroseLetter 1998_2009