1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
25、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード

44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  

45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
49.Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
.59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60.Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61.CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62.CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.58 往く年来る年
68.Cliffrose Letter Vol.60 柚子の栽培とおからの話
69.Cliffrose Letter Vol.61 チビた鉛筆と蕗の薹 
70.Cliffrose Letter Vol.62カナダ産の新生姜 
71.CliffroseLetter.Vol.63 夫のいます山・Mt.Baker
72.CliffroseLetter.Vol.64 秋から冬へのカナダの風物詩
73. Cliffrose Letter vol. 65 年末のご挨拶 デフレ雑感
79.CliffroseLetter Vol 66. 今年得たもの無くしたもの  
80.CliffroseLetter Vol 67 日加サービス比較
81.Cliffrose Letter Vol .68  Cliffroseはひきこもり


LETTER
ARTSTUDIO YOKOHAMA B&BCLIFFROSE QUESTS MYHOUSEINJAPAN




 


 


CliffroseLetter 1998_2009
 お元気でお過ごしでいらっしゃいましょうか。

さて、Vancouverの秋は、ヨーロッパ諸国とちがって、黄葉だけでは

ありません。昔、ドイツのポツダム城で、すばらしい蔦の黄葉を見ましたが

それにもまして、カナダの紅葉はすばらしいです。


前にもご報告させていただいたとおり、ここでは三月から六月まで、さま

ざまな桜が花咲かせます。花水木が咲きます。それが紅葉するのです。

そしてブルーベリーが真っ赤に野を染めて広がります。

しかし、秋はつかの間、すぐに冬が訪れます。私の好きな冬です。暖かい

冬です。クリスマスイルミネーションの輝く冬です。胸がどきどきして、その

ころを待ちます。


さて、また、酔歌祭11月23日が訪れてきます。今年は、ホームページに

夫の写真を沢山載せましたので、夫が旅立って三年にもかかわらず、今も

日本であのままに元気で生きているように思えるほどです。

最初の年は、事態に驚き、次第に恨み、しかしながら今では彼のすばらしさを

思わずにはいられません。


すでに終わってしまった彼と私の生活が、完璧であったと誇らずにはいられません。

で、酔歌祭です。しかしながら酔歌祭を訪れてくださる夫ゆかりの方々は激減

しています。それは、私のキャラクターが男たちの予想の他だからに相違なく、

まだまだ古くさい日本の体質ではいたし方のないことと、去るものは日々に疎し

のならいのとおりでありました。

おいでになられる多くの方々は、ほとんどこのCliffrose亭を訪れてくださった

かたがたでありました。わがB&Bで知り合われた方々が、クロスオーバーに

日本でもお友達になられていることが、とても嬉しいことでした。

酔歌祭が久方ぶりの出会いの場になれているようです。


さて、実はこちらでも沢山のお客様にお越しはいただいているのですが、まだまだ、

その収入で酔歌祭を支えることあたわず、今年から会費を三千円いただくことに

なりました。


夫をしのぶ会ではありますが、こうなると思い切って、私のカナダ体験をお話

する場としたほうが良いと、考えるようになりました。

単身無謀にも移住したカナダでの永住権の獲得、遭遇した数々の体験を

お話させていただくことといたします。

人寄せパンダをご覧になられたい方は、ぜひお越しくださいませ。お待ち申し上げて

おります。


酔歌祭    11月23日  勤労感謝の日11時から

                昼食のご用意をいたしております。

         会費    3000円

         ところ   堺市桃山台三丁27番16号

         電話   0722-98-5964

         最寄の駅 泉北高速鉄道 栂美木多駅 徒歩十分 タクシー五分

突然でも結構ですが、ご連絡をいただけると嬉しいです。

私は、11月18日から11月24日まで日本に滞在する予定です。

連絡は息子のメールアドレスにお願いいたします。

なお、ホームページを増強しています。お暇なときにご覧になってくださいませ。

下のURLをクリックすると見ることができます。


Cliffrose亭 亭主 柳谷Chieko拝



''''''''''''''''''''''''''''
Love from Chieko Yanagitani in Greater Vancouver
URL http//: www.cyanagitani.com
URL http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
E-Mail cyanagitani@telus.net
MSN cyanagitani@hotmail.com
skype yanagitani
mixi cliffrose

 
 
Cliffrose Letter 2000 Oct 29 酔歌祭について。