1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
25、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード

44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  

45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
49.Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
.59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60.Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61.CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62.CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.58 往く年来る年
68.Cliffrose Letter Vol.60 柚子の栽培とおからの話
69.Cliffrose Letter Vol.61 チビた鉛筆と蕗の薹 
70.Cliffrose Letter Vol.62カナダ産の新生姜 
71.CliffroseLetter.Vol.63 夫のいます山・Mt.Baker
72.CliffroseLetter.Vol.64 秋から冬へのカナダの風物詩
73. Cliffrose Letter vol. 65 年末のご挨拶 デフレ雑感
79.CliffroseLetter Vol 66. 今年得たもの無くしたもの  
80.CliffroseLetter Vol 67 日加サービス比較
81.Cliffrose Letter Vol .68  Cliffroseはひきこもり
親愛なる息子たちへ



I

  


LETTER
ARTSTUDIO YOKOHAMA B&BCLIFFROSE QUESTS MYHOUSEINJAPAN

 私の生き方は、なかなか普通の日本人の方には 受け入れられにくいとは思いますので、

書き残しておきました。しかし、これはあなた達を拘束する ものではありません。

あなた達は自由にあなた達の人生を模索してください。母親としてあなた達 が山川ある

人生に負けずに、それなりの幸せを 見つけていってくれることを願っています。
 
 






.息子達へ 思いつくままに  2002.March.3.

  
 1.どのような方と結婚しようとも母親として、決して干渉はいたしません。

望むらくは、特殊な宗教、団体にのめり こんでいらっしゃらない方である

ようにと思います。

しかし ながら、それを含めたうえでのあなたがたの決断ならば、 それは

反対の理由とはなりません。どんな艱難を克服しても幸せになってください。

なお、不幸にして離婚の選択 をせざるを得ない事態となっても、母は決して

引きとめはしません。ただ、そういう事態を回避するよう努力することを望み

ますが。すべてはあなた達のビジネス(仕事)で あることを自覚してください。

誰かのせいにする物の考 え方は、私は好みません。



2.すでにあなた達には、独立できるだけのものを手配、供与しています。

健全な精神と肉体、生活に支障のな い家、家具など。それはあなた達の

若さでは手に入れ がたい物ですが、それはすべて父親である柳谷晏秀からの

命を賭したプレゼントであることをわすれないでください。決しておろそかに

しないで、大切にしてください。


 3、日本的な葬儀は行わず、ショパンのノクターンで夫 の旅立ちを見送った

母親であることを忘れないでくだ さい。墓を作らず、夫の遺灰をカナダ中に

散骨してい る母親のことを、思いだしてください。日本的ないっさいのルールは、

母親である私にはなじみません。


  よって、人身売買のような結納、意味のない派手な結婚式は私の望む

ところではありません。 もしそれらを望むなら、それはあなた方のビジネス(仕事)です。

阻止はいたしませんが、親からの援助は期待しないでください。 それから、姓名は

ただの、称号に過ぎません。それはあなた達の人格を代える物でもありません。あなた

達が私のお腹から生まれてきた事実を否定するもの でもありません。気にしないで、

どんな名前に代えても 反対はいたしません。家などという古い制度とは、とう の昔に

決別していますので、私にとってはなんの問題 もありません。


 4、私たちは、親子というより、柳谷晏秀という弁護士であったすばらしい男のファミリーに、

たまたま所属し、 幸せな時間を共有出来た仲間だと思っています。

  幼い時はともかく、今は独立した個人として、あなた 達を尊敬していますし、私もまた、

独立した個人として 残された人生をクリエイティブにすごして行きたいとお もって

います。すでに、私には、親という認識はありま せん。同じファミリーに所属していた

個人としてあなた達を、見守って行きたいとおもっています。そうできる 幸せを感じて

います。  家族という名の運命共同体にあると同時に独立した 個人として、

お互いに助け合わなくてはいけませんが、それは、決して、もたれあいとはちがう

ことを自覚して ください。



5、大した財産ではありませんが、あなた達はすべて義務も権利も平等です。

私は何も期待していません が、義務のない権利は無いことを知って下さい。私の

 老後は、確定ではありませんが、すべて自己管理でやり抜きたいと思っています。

日本で、沢山の嫁姑 問題をあきるほど聞いてきました。

あなた達が、私の老後に自由を奪われることはありません。それは、プ ロフェッショナルの

方たちの仕事です。

 カナダの家は、相続人がいない場合、政府が没収 しますので、一応、相続人をきめて

はいま すが、私はまだ若いですから(笑)このあとどの程度生きて、どれほど残るかは

不明です。社会情勢によって も、いかように変わるかもわかりません。日本を出る 時、

それを考えて、あなた達の身の立つようにしてきました。


 晏秀と私も、何も無いところから、すべてをはじめました。それは、私の著作を読めば

わかるでしょう。あなた達も親の例に漏れず、何もないところからはじめてください。

何もないと言っても、あなた達はかなり恵まれた状態にあるのですから。
  
 これは蛇足ですが、あなた達の奥さんになる方たちとは、名前で呼び合いたいです。

いいお友達になるのが、私の理想です。
 
 あなた達の幸せを願っています。


母 柳谷千恵子
  

               ********************************************************  
              Love from Chieko Yanagitani in Greater Vancouver 
              E-Mailcyanagitani@telus.net
             MSN  cyanagitani@hotmail.com
             URLhttp://www.cyanagitani.com
             ICQ#4524885 #67136024    
              ********************************************************

 一応以下のように整理しました。 

 

CliffroseLetter 1998_2009