「すばるのかなた」ご出版によせて

1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
25、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード

44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  

45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
49.Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
.59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60.Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61.CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62.CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.58 往く年来る年
68.Cliffrose Letter Vol.60 柚子の栽培とおからの話
69.Cliffrose Letter Vol.61 チビた鉛筆と蕗の薹 
70.Cliffrose Letter Vol.62カナダ産の新生姜 
71.CliffroseLetter.Vol.63 夫のいます山・Mt.Baker
72.CliffroseLetter.Vol.64 秋から冬へのカナダの風物詩
73. Cliffrose Letter vol. 65 年末のご挨拶 デフレ雑感
79.CliffroseLetter Vol 66. 今年得たもの無くしたもの  
80.CliffroseLetter Vol 67 日加サービス比較
81.Cliffrose Letter Vol .68  Cliffroseはひきこもり




I

  


LETTER
ARTSTUDIO YOKOHAMA B&BCLIFFROSE QUESTS MYHOUSEINJAPAN







 

  前田廣子さん、このたびはご出版おめでとうございます。

 遠くカナダに住まいしてはや一年、せっかくの盛大なあなたの

出版記念会に列席させていただけないのは、残念な限りです。


 はるか昔、当時通っていたそろばん塾の前で、あなたは小説家に

なるんだと目を輝かせて語ったことを覚えていますか。あれから、はや、

四十有余年、あなたは忙しいお仕事のかたわら、すばらしい短歌を

ものする歌人となられました。そして私は、あなたの言葉が心の隅に

住まいつづけ、つたない小説を綴り続けることとなりました。

 長い年月でした。「すばるのかなた」のテーマになっている、あなたの

お母様のことは、あれからも忘れたことはありません。戦争で夫を失った

若くて美しい貴方のお母様が、まだ幼かった貴方たち子供を抱えて、

けなげに生き続けたことを私は知っています。


 あのころあなたの家を訪れたとき、ガラス戸越しにもれ聞こえる笑い声を

聴きながら、うらやましくも情けない感覚に襲われたことを私は今思い出す

ことができます。


 そのころ、私の家も、戦後どなたも経験なさったように貧乏でありました。

私の家族には、戦死を免れた父がいました。家族はみな健康で、しかし、

一粒の飴玉を争う現実がありました。残念ながらあなたたち家族のように、

心からこぼれ出るような笑い声はまったくなかったのです。


 あなたたちの賑やかな笑い声をガラス戸越しに聞きながら、私は笑い

ながら耐えることのできる貧乏もあることを知りました。

 あれから、あなたが、努力し続けた多くの時間を、私は知っています。

 そして、仕事柄、あなたは私たち夫婦を長く助けて下さいました。今、

この場をお借りしてお礼を申し上げます。 ありがとうございました。

 一昨年、弁護士であった夫は、思いもかけぬ早さで黄泉の国へ旅立ち、

それを機に、私は新しき自分を求めて日本を脱出、カナダに住まいする

こととなりました。


 私は小説を書くとともに、長く絵も描いてまいりましたが、日本からの

去りぎわに、あなたのすばらしい命の集大成である「すばるのかなた」の

表紙のために、白い彼岸花を描かせて頂きました。これは私一生の記念

となることでしょう。白い彼岸花は、夫も私も大好きな花です。

そして、あなたの希望の花でもありました。


 もしこの出版が、もう少し早いものであったなら、そして、お母様に

お見せできていたら、どんなに喜ばれたでしょう。それが少しく残念では

ありますが、すばるのかなたから、いつまでもあなたを見守り続けて

下さることでしょう。

 これからも、よりあなたらしい短歌を創作なされ続けられることを、

幼馴染の一人として、また、よきライバルとして心から希望します。



私の好きなあなたの歌を一首、

ははそはの母はすばるの彼方より見守りくるるありし日のまま


カナダより愛を込めて  

柳 谷 千 惠 子

Chieko Yanagitani
2967 Cliffrose Crescent Cocuitlam B.C. Canada V3E 2T2
0041-1-604-945-5945







 
CliffroseLetter 1998_2009