大山氏のメール

 

1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
25、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード

44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  

45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
49.Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.55 往く年来る年

柳谷 様

 お元気そうですね。二十七日にはイタリアに出発されるとのこと。ぼくは一度も彼の地

には行ったことがありませんが、いずれ訪れたいと思っている土地の一つです。今度、

機会があれば、イタリアのことを詳しくお聞かせ下さい。

 クリフローズレターに私のような者のことを書いていただけるとは光栄です(恐縮至極

かな?)。自分が書いた手紙をこのような形で読み返すと、何かこそばゆいような恥ずか

しいような気がしますが、もしお役に立てるのならどうぞお使い下さい。ぼくはかまいませ

ん。以下、ご質問の略歴です。

1954年 山口県岩国市生まれ。

1979年 東京水産大学(現東京海洋大学) 卒業

同年 米国スクリップス海洋研究所 留学

1981年 北洋漁業協会勤務 対米漁業交渉に従事

1985年 アラスカ駐在

1990年 独立 以来アラスカ在住

独立してからは水産コンサルタントやレストラン経営などいろいろなことをしてきました。

現在はアラスカ航空に勤務しながら、写真を撮ったり小説を書いたりしています。

 柳谷様の文章のなかで、ぼくが星野道夫さんに「心酔していたにちがいない」云々とあ

りましたが、ぼくは彼に対し「心酔」という感情とは違うものをもっていたような気がします。

これはぼくだけではなく、多分アラスカに住んで星野さんのことを知っていた人たち全部

がもっていた感情だと思うのですが、星野さんはぼくたちの友人であって、それ以上でも

それ以下でもない存在でした。同じ目線でアラスカの生活を共有し、心を通い合わせるこ

とのできる、一人の友でした。

 だから変に星野道夫さんを神格化したり、特別な目で見たりする最近の風潮には違和感

をもちます。ぼくの思い出のなかにある実際の彼と、様々な人たちが書き表す半ば神格化

された星野道夫との間に、大きなギャップを感じるのです。確かに彼はユニークな人生を

歩みましたし素晴らしい作品も残しました。しかし、だからといって死んだ人をあそこまで

崇め奉るのもどうかなと思うのです。彼が生きていたら、彼が一番嫌がると思えるような

持ち上げ方をする人が、彼の死後、急に増えたような気がするのです。

 ぼくは彼を尊敬していましたが、心酔はしていなかった。このようなことを書くと意外に

思われるかもしれませんが、もともとぼくも星野さんもそのようなものの見方を共有して生

きて来たのです。価値や権威を人に置かないというものです。自分を低いところにおいて

頑張っている人には敬意を表しますが、権威や名声を嵩にきて威張っているような人と

は一線を画してきました。

 彼の死に方が衝撃的だったのと、彼の残した作品が群を抜いていることで、商業的に

もまだまだ価値があることは容易に納得できます。でも彼の死を利用している人が多い

のも事実です。その臭いが感じられると、ぼくは居たたまれなくなるのです。

 生前、星野さんが通っていたジュノーにある古本屋さんに最近立ち寄った別の友人の

話です。その友人は、昨夏、その本屋に行って、まだ健在な女主人と星野道夫さんの話

をしてきたそうです。その女主人は、「アメリカで星野さんのエピソードが書かれた本が二

冊出たけれども、どちらも星野さんのことをスーパースターのように扱っている。もっと普

段の星野さんのことが書かれたものを読んでみたい」と言ったそうです。その話を聞いた

とき、ぼくはまったく同感だと思いました。

 星野道夫さんはドジで、口下手で、ずぼらで、食いしん坊で、苦笑を伴う人間くささをも

った人でした。そのような欠点をもつ反面、何事にもひたむきで、多くを語らない、思いや

りのあるナチュラルな生き方に、周りの人は共感を覚えていました。だからとても人間くさ

い星野道夫を知っていて、だからこそ友人になりえたとも言えるのではないかと思います

。でもいまは、その星野さんがどんどんと他人の手で作りかえられていく。ぼくの知らない

星野道夫が勝手に歩き回っているのが昨今です。

 話が長くなりましたが、もし柳谷様が星野道夫さんのことを書かれるなら、必要以上に

彼を持ち上げないでやって欲しい。そんな想いをもっています。

 イタリア旅行、楽しんできて下さい。

大山卓悠 拝

 

   

 

 

「心酔していたに違いない」について以下のような大山氏の書簡がありました。

大切なことなので、彼の言葉のままリンクしておきます。お読みくださいませ。
MR& MRS.REVENKOとMR.OHYAMA