1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
25、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード

44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  

45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
49.Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.55 往く年来る年

 すでに人生も半ばを越えた私がカナダに移住する事になった理由は

ひとえに夫が突然旅立ってしまったからである。


 大阪弁護士会の弁護士であった夫は、とても健康な人であった。スポーツマンで

あったし、私とちがって節制の出来る人でもあった。誰が彼の死を予見できた

であろうか。死の一ヶ月前まで、彼は死とはほど遠い存在であった。わたし達は

幸せの中にいて、幸せにどっぷりつかったまま、恐ろしいほど油断していたので

あった。それだけに思いもかけない事実の到来に、わたしは泣くのさえ忘れて

しまっていた。夫の死は、わたしにとって現実となったのは、カナダに移住して

一年も経ってからのことである。

 これは、夫の旅立ちの日からカナダ移住後に至るまでの、私的な私的な

CliffroseLetterである 。
                                   

本文へジャンプ
LETTER
ARTSTUDIO PARTYINJAPAN YOKOHAMA B&BCLIFFROSE QUESTS MYHOUSEINJAPAN

index
Cliffrose Letter from 1998-2009 

                       

 夫、柳谷晏秀と私は、書類上は31年、実質35年、知り合って38年の連れ合い

でありました。 ドラマにもならない、つまらない、幸せやいさかいを紡ぎ続けた、

腐れ縁の道連れでありました。 ではありましたが、彼は今、勝手に、一人で、

私を置いて、旅立とうとしています。
 
 無念です。裏切りです。残念です。彼にはもっとする事がありました。志なかばで

出かけなければならない彼を思うと、悔しくてなりません。私を置いて、こんなに

早く旅立つのは裏切りです。私達にも、日差しを浴びて番茶をすすりあう老後が

あっていい はずでした。残念です。
 
 柳谷晏秀は、いま、旅立とうとしています。 こんなに早く、こんなに突然、

老いた両親、たった一人の妹、二人の息子、そして、向こう意気が強い

ばかりで、歯止めの利かない難儀な妻、猫たちを残して旅立とうとしています。

 本日はご参集賜りましてありがとうございました。